ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2泊3日の小川山合宿! タッキー編 | main | Mちぇく小川山へ 後編 >>
2015.10.15 Thursday

Mちぇく小川山へ 前編

先日小川山に5泊6日のツアーにグッぼるメンバーと行ってきました。9月27日~10月3日までの6日間、一日のレストも挟まずこれでもかと登り続けました。幸か不幸か天気も絶好のクライミング日和でした。天気が休まず登れといっていたのかも.....。
今回のツアーの目標は出来るだけ多くの課題を登りつつ自分の中でこれは!と思うクライミングをすることでした。今回の成果報告から先にしたいと思います。

今回の主な成果
静かの海   三段
ミダラ    二段
忘却の河   二段
八月     二段
忘却の果てsd 二段
忘却の果て  初段
フィロソフィー初段
金環蝕    初段
以上     計14段

まずまずの成果ですが、心残りの課題が少しばかり...。いや次回を楽しむために敢えて置いてきたと自分に言い聞かせながら一層トレーニングに励みます!
さてここからは時系列順に小川山トリップを振り返って行きたいと思います。

day1
駐車場でキメ顔のM園氏

今回のメンバーはグッぼるスタッフ3名+お客様5名!小川山に思いを馳せていざ出発!
行きは前D氏、タッキー氏、僕の三人でドライブ♫楽しい会話で気が付けば小川山。途中数々の食べ物の誘惑を振り切り到着。お腹が減りすぎてくっつくかと思いました。

小川山に新しくできたパタゴニアで物色中の富裕層

















14時前に現地についたのでその日は軽く登ることにして女性陣が触っている課題を冷やかしながら岩場の雰囲気に慣れていくつもりでした...。そのつもりだったんです!狸岩の4級、2級、1級とテンポよく登って、気持よく向いにある包帯少女4級の岩に取り付いた時愕然としました。無題4級が登れないイイ〜!何度トライしてもダメでした。この日は完全にこの課題に心を折られて終了。

絶対に離しません!包帯少女!!

素晴らしい4級にトライ中の松Zさん。モンチュラのアウターが凄く暖かそう。

これからの日々に不安を覚えつつご飯を食べる事に。思った以上の寒さに震えながら食べるご飯の美味しさは格別です(T_T)初日は車中泊だったのですが寒すぎて余り寝れず、金峰山荘に泊まってヌクヌクしているメンバー達を羨みながら就寝。


小川山で痩せるつもりだった僕の最大の敵、前D氏の美味すぎる土鍋ご飯+青唐辛子味噌。
















day2
コーヒーを飲みながら今日の作戦会議中

朝5時に起床して日の出を待つ。入念なダイナミックストレッチをこなしいざ岩場へ。
まずは穴社長二段からトライ開始。リップ間際のポケットホールドがどうにもシックリこないまま戦略的撤退。まだまだ日はあるし別の課題を触ることににしよう!と負け惜しみ。


                               この左手のポケットが全然持てなくて社長になれず。

続いてはミダラ二段これは見た感じ得意そうだと高を括ってフラッシュ狙いで取付くも最後の一手でフォール。その後も最後の遠いリップ手前の一手がダメ。ひたすらそのムーブでハマり続けてなんと敗退。まだ朝10時の時点なのにメンタルブレイク気味でよくない傾向。

この右手カチが地獄の痛みでまさに苦行。

その後ヴィクター岩に移動するタッキー氏とM園氏に付いていき二人のトライを見学しながら朱雀岩を探しに行くことに。しかし1時間程彷徨ったのに見つからないので諦めてヴィクターに戻る事に。途中ギガント初段トライしていたに前D氏に出会い、初初段GETの報告を受けてテンションアップ!常軌を逸した減量効果が成果に現れるところが流石っす!
その後石楠花遊歩道エリアに移動して幻の光3段をトライ!ムーブは直ぐにできるもマントルに苦戦。カンテをペシペシ叩いてるとどんどんよれていき力尽きました。車中泊の為か身体に疲労が残っており早めに撤収する事に。今日は種まきだと思うことにしました。まだ15時ぐらいでしたが金峰山荘でお風呂に。その後は土鍋ご飯+グリーンカレーで夕食後就寝。特に成果が無かった悔しさでこの日は眠れぬ夜を過ごす...。

明日に備える為に早めに入浴。疲れた身体を癒やす時はお風呂に限りますね〜。















day3

朝5時に前D氏を拉致して静かの海3段へ。小川山にいくなら是非やろうと思っていた課題。
今まで苦手で避けていたスラブマントル課題を克服し、新たな自分に生まれ変わる為の課題と位置づけてトライ開始。
高さと足の悪さで自問自答しながらマントルを返そうとしている図

ガンバってガンバってガンバって足が滑りました....。

上の写真では面白映像になっていますが落ちた後はしばらく震えが止まりませんでした。しかしこのままでは終われない気持ちでラストトライ!かなりビビリながらでしたがなんとかマントルを返してスラブ面へ。このマントルを返せたのは地道な股関節の動きの改善の成果でした。腰が壁に近づかないと足に体重をシフトできないスラブにおいては非常に効果的だったと思います。その後は高さに怯えながらも無事トップアウトに成功しました。今回のツアー3日目にしてようやく納得できるクライミングができたと感じました。

その後は石楠花遊歩道エリアに移動し忘却の河2段へ。精神的に安定してリラックス出来たのか問題なく完登。大分いい感じのペースを掴めてきました。前D氏がトライしていた忘却の果て初段登ってその日は終了。

多彩なムーブが散りばめられた個人的に好きな課題。
マントルが少し悪い所がまたいい塩梅ですね(^o^)









3日目連登の疲れが取れにくくなってきたので今日は車中泊ではなく金峰山荘に泊まる事に。
寒くない部屋、暖かい布団これだけあるのがどれだけ幸せであるかを噛み締めながら就寝。

後編へつづく。
Powered by
30days Album